2008年01月04日

もしも、デパートで買い物中に大きな揺れに見舞われたら!

備える:その時どうする/2 誘導に従い、落ち着いて行動―2007年12月19日 毎日新聞 

◇想定2 デパートで買い物中に大きな揺れに見舞われたら

デパートなどの集客施設で最も懸念されるのは、買い物客が階段や出入り口に殺到するなどパニックが起きることだ。従業員の誘導に従い、落ち着いて行動することが求められる。

また、陳列されている食器や家電製品、たんす、頭上につるされた看板やシャンデリアなど、転倒や落下の危険性があるものが多数ある。ガラスケースや鏡が割れる可能性もある。速やかに安全を確保できる通路に移動し、低い姿勢を保ってカバンや上着で頭を保護することが基本だ。

日本百貨店協会は地震対策について、加盟社の防災担当を対象に勉強会を開いている。04年10月の新潟県中越地震後の勉強会では、被災した長岡市内にある百貨店の店長が被害状況や買い物客への対応を紹介するなど、全国の百貨店に教訓を伝えている。

このうち、三越日本橋本店(東京都中央区)は、本館の柱320本に免震装置を入れ、震度7の衝撃を5程度に和らげられるよう工事を進める。屋上と地下の2カ所にある震度計は館内放送装置に結ばれ、震度4以上の地震があると自動的に「地震を感知しました」と男性の声でアナウンスが流れる。平常時に館内放送で流す女性の声と区別することで、緊急性を認識してもらうのが狙いという。(つづく)
---------------------------------------------------------

お正月のデパート、福袋に殺到する人々。私は「頑張るなあ」とテレビで見るばかり。「もしも…」はいつやってくるか分かりません!


posted by suzusuzu at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

その時どうする―誘導に従い、落ち着いて行動

備える:その時どうする/2-2 誘導に従い、落ち着いて行動―2007年12月19日 毎日新聞

同店(三越日本橋本店)は緊急地震速報も活用する。速報を受信すると店内でNHKの放送と同じ音のチャイムを流し、「地震が来ます。落ち着いてください」などと冷静な行動を促す予定だ。

エレベーターは地震時、最寄りの階で自動停止する仕組みになっている。一方で、エスカレーターは緊急停止しないため、慌てて上下階に駆け出すと転落の恐れがある。そのまま手すりにつかまり、身をかがめるのが適切という。

同店総務室の福井勝三室長は「従業員には、どこにいても誘導できるよう、普段から安全な場所の確認を求めている。揺れが収まった後も余震の可能性や周辺の被害状況を伝えるので、館内放送に従ってほしい」と話す。【鈴木梢】
------------------------------------------------------------

デパートだけでなく、映画館、テーマパーク、スーパーから公共の交通機関などなど、あらゆる場所の従業員の危機管理意識の向上をお願いしたいものです。

posted by suzusuzu at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

その時どうする 電車に乗っている時に地震が起きたら

備える:その時どうする/3-1 勝手に車外に出ると危険―2007年12月19日 毎日新聞

 ◇想定3 電車に乗っている時に地震が起きたら

JR東日本、東海、西日本の3社は新幹線の地震対策として、「早期地震検知システム」を導入している。沿線や海岸に設置した地震計が地震の最初の小さな揺れである初期微動(P波)を検知した段階で、大地震と推測されれば、大きな揺れの主要動(S波)が到達する前に変電所からの送電を自動停止し、非常ブレーキがかかる仕組みになっている。

だが、04年10月の新潟県中越地震の際には、震源地周辺では検知システムの作動と揺れの到達がほぼ同時となった。長岡駅まで約5キロの地点を時速約200キロで走っていた上越新幹線「とき325号」は、強い揺れの中を1・6キロ先まで走り続け、脱線した。

首都圏や京阪神を走るJRの在来線は、沿線の地震計で震度4程度以上を記録した場合、緊急停止することにしてきた。最近になって対応を強化し、JR東は今月から、新幹線の検知システムや気象庁の緊急地震速報の情報も利用するようにした。JR西も既に新幹線のシステムの情報活用を始め、来年2月からは緊急地震速報も利用する。(つづく)
------------------------------------------------------------

新幹線にしても高速道路にしても、猛スピードで走っているときに…。創造するだに怖ろしい!
私は軽自動車なので、高速は走りませんし、今は新幹線にも乗りません。でも、そういうわけにはいかない人々のために、しっかり安全対策してほしいものです。


posted by suzusuzu at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

むやみに線路に出ることが最も危ない!

備える:その時どうする/3-2 勝手に車外に出ると危険―2007年12月19日 毎日新聞

揺れが小さい場合は次の駅まで徐行運転するが、大地震の際には長時間ストップする事態が想定される。懸念されるのは乗客のパニックで、JR東日本企画・防災グループの南雲敦課長は「対向列車が走ってくる可能性があり、むやみに線路に出ることが最も危ない。乗務員の指示に従ってほしい」と呼びかける。

東京メトロも、沿線などの地震計で大きな揺れを観測すると、全線で緊急停止することにしている。今年10月からは緊急地震速報も利用している。線路上で停止しても、車内バッテリーで非常灯がつき、放送装置や非常通報ボタンの電力も確保される。

停止後は運転士が車両を点検し、車掌が乗客のけがを確認する。ドアは非常用コックで開くが、トンネル内では車外に出ないのが基本。特に、銀座線や丸ノ内線は線路脇に高圧電流が流れており危険だという。地下鉄でも乗務員の指示に従うことが原則だ。【鈴木梢】
----------------------------------------------------------
どこもここも、危険がいっぱいですねえ。
むやみに線路に出ることが最も危ないと言われても、閉じ込められたままでいるのも恐怖です。周りの状況に詳しい乗務員さんを信頼するしかないのでしょうか…。


posted by suzusuzu at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

富士山溶岩に亀裂 剣が峰、崩落の心配

富士山溶岩に亀裂 剣が峰、崩落の心配 2008/01/05 静岡新聞

山岳関係者が危険性を指摘する亀裂が入った溶岩=2007年8月、富士山頂剣が峰

富士山頂の剣が峰の溶岩の一部に複数の亀裂が入り、山岳関係者が崩落の危険性を指摘している。夏に多数の登山客でにぎわう剣が峰で崩落が起きれば、けが人の発生も予想される。環境省は静岡新聞社の取材に対し、現況を確認する考えを明らかにした。

山岳関係者が指摘する亀裂は、剣が峰の火口側にせり出した溶岩の周囲に縦に数本、幅3センチ前後で入っている。溶岩上部の脇には国土地理院の二等三角点が設置されていて、下部は「お鉢巡り」のルートに接している。夏山シーズン中はこの溶岩上で御来光を拝んだり、記念撮影をしたりする登山者も多い。

昨夏、旧気象庁富士山測候所を活用した学術研究を進めるNPOの一員として山頂に滞在した登山家の男性は「平成16年には(剣が峰へ続く)馬の背の上部が似たような亀裂から崩れた。登山家だけでなく、誰もが入る山だけに、事故防止策が必要」と提唱する。

亀裂付近が万が一崩れれば、二等三角点にも影響が出る可能性がある。ただし、国土地理院は「富士山の最高標高は三角点とは違う場所で計測しているため、3、776メートルという数字は変わらない」という。亀裂がいつごろでき、どんな方向に入っているかは不明だ。

土砂災害や岩石に詳しい木宮一邦浜松大学長(災害地質学)は「亀裂の両側に観測点を設け、縦横の動きを調べれば切迫度合いはある程度つかめそうだ」と話す。

環境省沼津自然保護官事務所も亀裂に関する通報を受けている。同事務所は「登山者の安全確保の観点から調査は必要。関係機関と情報交換し、夏山シーズン前に状況を調べたい」と説明した。
---------------------------------------------------
さて、これが地球温暖化と関連があるのか??
美しい富士山の姿が変わり果ててしまうことのないように祈りたい気持ちです。


posted by suzusuzu at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 火山災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

新潟県中越沖地震から半年、今も仮設住宅に3038人

新潟県中越沖地震から半年、今も仮設住宅に3038人―1月15日 読売新聞

死者15人、重軽傷者2315人を数えた新潟県中越沖地震の発生から16日で半年を迎える。

被災地・柏崎市では、がけ崩れなどのおそれがあるとして、150世帯413人に対する避難指示・勧告が続いている。

新潟県のまとめでは、住宅被害は11日時点で、全壊1320棟を含めて計約4万2000棟の被害が確認されている。被災者向け仮設住宅には、同市と刈羽村、出雲崎町で計1059世帯3038人(昨年12月末現在)が暮らし、ピーク時の1061世帯3044人(昨年10月末)とほとんど変わっていない。

国の支援では、支援金の使途を住宅本体の再建にも広げ、申請者の年齢・年収要件を撤廃するなどした改正被災者生活再建支援法が昨年11月に成立。柏崎市は今月21日から新制度に基づく申請を受け付ける。
--------------------------------------------------------
被災して後、元通りの生活にはなかなか戻れないんですね。
特に身寄りのないお年寄りが、仮設住宅で孤独死されるというニュースを聞くと心が痛みます。

posted by suzusuzu at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

災害版「ウィキペディア」を構築へ 災害復興学会、13日に発足

災害版「ウィキペディア」を構築へ 災害復興学会、13日に発足―
2008.1.13 産経ニュース

阪神大震災などを教訓に、学識経験者や弁護士らが13日に設立する「日本災害復興学会」が4月をめどに、法制度や被災者支援などをデータベース化した「災害版百科事典」をインターネット上に構築することが分かった。オンライン百科事典「ウィキペディア」と同じ形式で、会員が自らの研究・活動内容を自由に付け加えることができ、誰でも閲覧できる。17日で震災から13年。災害復興にかかわる研究成果を体系的にまとめ、一般に公開し、防災に役立ててもらうのが目的という。

関西学院大(兵庫県西宮市)で同日開かれる学会の設立総会で発表する。

同学会は、自然災害からの復興に焦点を絞った日本初の学会。自然科学系の研究者だけでなく、被災者支援の法体系を研究する弁護士や、被災地でボランティア活動を行うNPOなど会員約170人が参加し、災害復興学の確立を目指す。

災害版の「ウィキペディア」は、平成7年1月の阪神大震災だけでなく、平成16年10月の新潟県中越地震や昨年7月の新潟県中越沖地震、海外の大地震などの事例を示し、被害の程度だけでなく、復興理念、被災者支援の法制度のあり方などに対する取り組みや研究成果などを紹介。目次別にウェブ上で一覧できる仕組みで、災害が発生した際の復興だけでなく、日常的な防災活動にも役立つ。今年4月に学会ホームページを立ち上げるのをめどに、稼働させる。

学会立ち上げの準備を進めてきた関西学院大災害復興制度研究所の山中茂樹教授は「阪神大震災以降も各地で大地震が相次いでいるが、それぞれの研究成果は孤立し、復興に生かされていないケースもある。災害版ウィキペディアは事例を体系的にまとめるため、今後起きる可能性のある大災害での復興に役立つ」と話している。

同学会は、初代会長に室崎益輝・消防庁消防研究センター所長が就任予定。13日に総会と第1回学会が行われ、14日は大地震に見舞われた兵庫、新潟県知事らを迎え、記念シンポジウムを行う。

-----------------------------------------------------
阪神大震災の教訓を生かした取り組みがいろいろと行われてきています。4月をめどに構築される、法制度や被災者支援などをデータベース化した「災害版百科事典」とは、どのようなものになるのでしょう。ともかく、災害復興に大いに役立つものになってほしいですね。

posted by suzusuzu at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

その時どうする! 高速道路走行中に地震が発生したら

備える:その時どうする/4-1 ゆっくり減速、路肩に停止―2008年1月9日 毎日新聞

◇想定4 高速道路走行中に地震が発生したり、緊急地震速報が流れたら

日本の大動脈の東名高速は、東海地震の発生で著しい被害が予想される「地震防災対策強化地域」を東西に貫く。大地震発生時、走行中の車はパンクしたようにハンドルをとられ、前方の道路は波打つように見えると想定されるという。

東・中・西日本高速道路3社は共同で、地震発生時の心得をまとめた冊子「地震に備えて」を作成している。
走行中に揺れを感じたら、急ブレーキをかけないよう注意を促す。追突事故などを防ぐためで、ゆっくりと減速し、左路肩に停止する。停車したらエンジンを止め、ハザードランプを点灯させることも求める。

東海地震の警戒宣言が出されると、強化地域内への流入は制限される。道路上であれば、あわてずに速度を落として走行し、ラジオなどで地震や交通情報を聞く。
震災に備え、水や非常食、毛布などをトランクに入れておくことも勧めている。中日本高速道路によると、耐震補強が必要な橋脚は東名高速などで1万本あるが、今年3月までにすべて着工するという。(つづく)
---------------------------------------------------
高速道路を走行中に地震に遭遇したらと考えただけで、怖いですね!
仕事などで頻繁に利用する人もいるでしょう。常日頃の備えが大切です!

posted by suzusuzu at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

急ブレーキをかけず、ハザードランプをつけて緩やかに減速…

備える:その時どうする/4-2 ゆっくり減速、路肩に停止―2008年1月9日 毎日新聞

◇想定4 高速道路走行中に地震が発生したり、緊急地震速報が流れたら

頻繁に渋滞する首都高速道路では、左路肩に寄れないことも予想される。その場合は右側でゆっくり減速し、中央部は緊急車両が通行できるようあけておく。入り口は震度5強以上で閉鎖される。同社防災対策グループの国分芳夫総括マネジャーは「安全が確認された段階で出口に誘導するので、警察や巡回パトロールの指示に従ってほしい」と説明する。

昨年12月、開通直前の首都高速中央環状新宿線の山手トンネル内で、緊急地震速報の訓練が行われた。参加車両は、後続車が速報を聞いていない場合を想定して急ブレーキをかけないことを確認し、ハザードランプをつけて緩やかに減速、道路左側に停車した。

参加したタクシー運転手の北浜峰雄さんは「実際の地震では、後ろの車が速度を落とさないのではないかと心配になる」と話す。警視庁の松本治男交通部長は「速報を効果的に使うには周知が欠かせない」と述べた。【鈴木梢】
-------------------------------------------------
とにかく、落ち着いて周りをよく見回す事が大切ですね。

posted by suzusuzu at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。