2008年06月23日

熊本で土砂崩れ、24歳女性死亡

熊本で土砂崩れ、24歳女性死亡 大雨、交通も混乱続く―2008.6.22 産経ニュース

梅雨前線の影響で激しい雨が続いた熊本県では22日、住宅の裏山が崩れ、生き埋めになった住民の女性が死亡した。人吉市などで約1000世帯の約2500人に避難勧告が出され、九州自動車道が一部通行止めになるなど、交通機関の乱れも続いた。

熊本県警によると、22日午前4時半ごろ、同県多良木町の農業、豊永賢二さん(54)方の裏山が高さ約10メートル、幅約30メートルにわたって崩落した。崩れた土砂で木造平屋の豊永さん方の一部が押しつぶされ、寝室で就寝中だった娘の介護助手、悠里さん(24)が生き埋めになった。救出され病院に運ばれたが、約4時間後に死亡した。

県によると、住民に避難を勧告したのは人吉市と芦北町。ほかに宇土市や宇城市を中心に計約110戸の住宅が浸水した。
---------------------------------------------------
岩手・宮城内陸地震の被災地にも雨が降り始めました。東北地方は19日に梅雨に入ったとのこと。行方不明者がまだ11人もいるそうですが、捜索は撤収されました。自然の前には人は無力です…。

posted by suzusuzu at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。