2008年07月11日

災害時、救助する側も「食」重要 研究成果を出版

災害時、救助する側も「食」重要 研究成果を出版―2008年7月11日 神戸新聞 

阪神・淡路大震災の被災体験から、災害時の食のあり方を研究している奥田和子・甲南女子大名誉教授(71)=食デザイン論=が、救助活動や復旧作業に携わる人の非常食に着目した「働く人の災害食 神戸からの伝言」を出版した。地道な聞き取り調査をもとに、震災の教訓が備蓄に生かされていない現状を明らかにし、災害現場で働くプロの体力や精神力を支える食事の重要性を説く。

奥田さんは芦屋市内の自宅で被災し、震災直後から避難所や仮設住宅での非常食や救援物資のあり方を提言してきた。一方で、救助活動や復旧で休みなく働いた消防士や警察官、医師、看護師、工事関係者らの食事についてはほとんどデータがないことを知り、二〇〇五年から調査を開始。阪神・淡路や新潟県中越地震の被災自治体、首都直下地震に備える東京都や警視庁、電力・ガス会社、民間企業、病院などに聞き取りを重ねた。

同書では、阪神・淡路や中越で活動した消防署員らの体験談から、飲まず食わずの重労働で心身共に疲れ、思うような活動ができなかった実態を報告。教訓が生かされているかを検証するため、阪神・淡路の被災地、東海・東南海・南海地震の警戒地域など計二十一自治体の〇七年春の備蓄状況を調査・分析した。

調査時点で消防署員用の飲料水と食料の両方を備蓄していたのは西宮、横浜など五市にとどまり「被災者向けに比べ、救助・復旧関係で働く人の非常食に対する認識は不十分。組織ごとの対応のばらつきも大きい」と指摘する。

また、「温かいご飯が食べたかった」などの意見を参考に、電気やガスがなくても加熱できる非常食のモデル献立もレトルト食品メーカーと協力して開発し、紹介している。奥田さんは「働く意欲を高める災害食の工夫は、被害拡大を最小限に食い止め、被災地が復興へ立ち上がるのに欠かせない」と話す。
---------------------------------------------------
確かに、救助に携わる人たちも人間であり、スーパーマンや神さまではないのだから、しっかり活動できるだけの飲料水や食料の備蓄は大切でしょう!

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

販売価格¥84,000

【商品説明】●難燃持出袋 ●チェックリスト ●軍手 ●ロープ ●アルミシート ●救急ばんそうこう大×4●救急ば…

商品詳細ページへカートページへ

posted by suzusuzu at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。