2008年07月25日

【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった

【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった理由は?―2008.7.24 産経ニュース

最大震度6強、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8。24日未明に発生した岩手県沿岸北部の地震は、広範囲で強い揺れが観測されたが、全半壊などの家屋の大きな被害は確認されなかった。

筑波大の八木勇治准教授の解析によると、地震エネルギーを示すモーメントマグニチュード(Mw)は阪神大震災(平成7年)と同じ6・9。阪神では6400人以上の犠牲者の約8割は倒壊した家屋や家具の下敷きになった。この違いは、地震波の特性によるものだという。

東大総合防災情報研究センターの古村孝志教授によると、一般に周期の短い地震波は小さな構造物を激しく揺らし、周期が長い地震波は大きな構造物をゆっくりと揺さぶる。阪神大震災では、木造家屋などの被害に強く影響する周期1〜2秒の地震波(キラーパルス)が強かった。

今回は、周期が0・1〜0・2秒の短周期地震動が強く、キラーパルスがほとんど含まれていないことが、古村教授らの解析で分かった。プレート(岩板)の内部で起きる地震は、短周期の地震波が強く出るという。メカニズムは異なるが、6月14日の岩手・宮城内陸地震も、キラーパルスは弱かった。

一方、岩手県洋野町や青森県八戸市の人たちは、被害が軽微だった背景に、耐震性の高い住宅が多かったことや、防災意識の高さがあるという。

「古い家は自分たちで山の木を切り出して建てたものが多い。都市部で建てる普通の家の3〜4倍の太さの柱やはりを使っている」と、洋野町種市の測量設計事務所社長、酒井義隆社長(51)。別の建築士は「古い大工は柱と土台、金属の留め具を使わずに柱と梁(はり)を組む。異物を使わない分、揺れを吸収しやすいのではないか」と分析した。

八戸市の無職女性(70)は「戸棚は引き戸のものを選び、茶碗(ちやわん)などが飛び出さないようにしている。ここは地震が多いから、古い人はみんな防災意識が高い」と話した。

同市周辺は平成6年12月の「三陸はるか沖地震」をはじめ、多くの震災を経験してきた。青森県が昨年度から行っている耐震診断員の派遣事業で、八戸は真っ先に参加を訴えた自治体のひとつ。同市建築指導課の大原満課長は「住民も市も震災対策に対する意識は高い」と語った。
-----------------------------------------------------------
またもや、大きな地震が!と思いましたが、その後の被害状況の少なさに何だかほっとする思いです。
震災対策に対する高い意識は見習うべきですが、防災対策のなされていない我が家を思うと…。

posted by suzusuzu at 15:44| Comment(0) | TrackBack(3) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【震度】についてサーチエンジンで検索してみると
Excerpt: 震度 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
Weblog: 気になるキーワードでブログ検索!
Tracked: 2008-07-25 16:43

地震
Excerpt: 【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった 【 東北 地震】震度6強、なのに被害が少なかった理由は?―2008.7.24 産経 ニュース 最大震度6強、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8..
Weblog: 拾得ブログ0
Tracked: 2008-07-25 17:07

阪神大震災 震度
Excerpt: 【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった 【 東北 地震】震度6強、なのに被...
Weblog: じんの出来事
Tracked: 2008-07-28 18:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。