2008年08月01日

北陸に激しい雨 3地点で観測史上最多

北陸に激しい雨 3地点で観測史上最多―2008.7.28 産経ニュース

気象庁は28日、前線が活発化した影響で北陸地方に非常に激しい雨が降り、今後も1時間に30〜70ミリの大雨が降る恐れがあるとして浸水害や土砂災害、突風に警戒を呼び掛けた。

1時間当たりの降水量が富山県の伏木で72・0ミリ、氷見で68・5ミリ、福井県の越廼で67・5ミリと各地で観測史上最多を記録。秋田県の大正寺41・5ミリなど2地点も、7月の最多記録となった。

日本海から北陸地方に停滞した前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。
-----------------------------------------------------
関東、東海で大荒れに 大雨、強風に警戒呼び掛け―2008.4.8 産経ニュース

気象庁は8日、発達した低気圧の影響で、関東地方で9日朝まで強い風が吹き大雨の降る恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。9日午前6時までの24時間予想雨量は、多い所で関東で120ミリ、東海地方、伊豆諸島で60ミリ。

東海道沖の低気圧が発達しながら本州南岸を東進し、8日夜には関東の東海上に進む見込み。

東海地方と伊豆諸島の一部で8日未明に風速約20メートルの強い風が吹いた。関東地方も8日から9日にかけて強い風となり、海上は波の高さが6メートルを超える大しけとなる所がある。

最大風速は、関東と東海の陸上で20−25メートル、海上は28メートルと予想される。

降り始めからの総雨量が100ミリを超えている所もあり、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水などへの警戒も必要としている。
---------------------------------------------------
最近、突然の豪雨とか浸水害や土砂災害、突風などのニュースをよく見聞きします。
それもこれも、温暖化の影響でしょうか??
激しい雨の音を身を縮めて聞いていると、まるで、この世の終わりが迫ってくるような気がしてしまいます。

posted by suzusuzu at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。