2008年08月06日

【マンホール増水事故】作業中断直後に鉄砲水か

【マンホール増水事故】作業中断直後に鉄砲水か 生活影響少ない工法があだに― 2008.8.5 産経ニュース

5日午後0時15分ごろ、東京都豊島区雑司が谷の下水道工事現場から「下水道内で作業員が流された」と119番通報が入った。マンホール内で作業していた5人が流されて行方不明となり、このうち約3.5キロ離れた神田川で発見された埼玉県三郷市の大島浩さん(49)が、搬送先の病院で死亡した。東京消防庁と警視庁目白署は残る4人の捜索を急いでいる。

警視庁によると、事故直前の午前11時40分ごろ、雨は降り始めたばかりで下水道内の水量はひざ下くらいだったが、念のため作業を中断するように地上の作業員が注意を促した直後に大量の水が流れ込んできたという。別の場所で降った雨が鉄砲水となって下水道内に大量に流れ込んだとみられる。

調べでは、工事は都が発注した「雑司が谷幹線再構築工事」で、竹中土木(江東区)が受注した。流されたのは、現場責任者で下請けの北立建設工業(千代田区)社員の大島さんと、孫請けの橘技建工業(足立区)の作業員4人。

大島さんらは別の作業員1人と計6人で同日午前9時ごろからマンホール内に入って、地下約2.3メートルにある老朽化した下水道の配管(幅約2メートル、高さ約1.5メートル)内で補修作業をしていた。住民生活に影響が出ないように、水を流しながらでも可能な工法が採られていたという。

現場は家庭用排水と雨水の両方を流す下水道で、大雨が降るとすぐに増水するため、ひざ付近まで水量が増えると作業中止か、一時待機する決まりになっていた。水量は事故直前まで変わらなかったが、午前11時40分ごろに雨が降り始めたため、地上にいた作業員が「地上に戻れ」と指示。その約2〜3分後に水量が一気に増えたという。1人は自力で脱出したが、大島さんらは流された。

付近では正午から1時までの間に、65ミリの雷を伴う局地的な大雨が降り、大雨洪水警報も発令された。現場はJR山手線目白駅から東に約1キロの住宅街。
----------------------------------------------------
地球温暖化による異常気象か、もっとあらゆることに関する危険性の認識を改めるべきかも…??

posted by suzusuzu at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104293839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。