2008年08月24日

落雷が原因か 京都・醍醐寺の火災

落雷が原因か 京都・醍醐寺の火災―2008.8.24 産経ニュース

24日午前0時半ごろ、京都市伏見区の醍醐山中(上醍醐)から出火、醍醐寺境内の准胝堂(じゅんていどう)と呼ばれる観音堂約150平方メートルと、隣接の休憩所約50平方メートルを全焼し、午前2時50分ごろに鎮火した。

現場は、一般的に醍醐寺と呼ばれ、五重塔などがある下醍醐の境内から東に約2キロの険しい山中で、消防車両の到着に20分以上かかった。

山科署によると、当時、付近には雷注意報が出され、落雷があったため僧侶2人が見回りしていた。同署と京都市消防局は、落雷で火災が発生した可能性もあるとみて調べている。周辺に火の気はなく、夜間は人の出入りはないという。

僧侶らは、准胝堂の近くの寺務所に泊まり込んでいた。午前零時5分ごろ、火災に気付いたが山中で携帯電話が通じず、落雷後の停電で電話も使えなかったため、徒歩で下山し午前零時半ごろ通報したという。

准胝堂は平安時代の貞観18(876)年の創建と伝えられ、昭和14年の火災で焼失、43年に再建された。本尊・准胝観世音菩薩は秘仏で、毎年5月18日に御開扉(ごかいひ)法要が営まれ、前後3日間だけ開帳される。

醍醐寺は真言宗醍醐派で、世界遺産に登録。ホームページによると、上醍醐は醍醐寺草創の地で、西国三十三観音霊場第11番札所の准胝観音堂を中心に、国宝の薬師堂や国の重要文化財の開山堂や如意輪堂など文化財の建築物が点在している。
-------------------------------------------------
異常気象も地球温暖化のせい??
今年の夏は心臓が止まりそうなものすごい雷と豪雨が多かったですね。雷による火災は防ぎようが無く、本当に怖いです!

posted by suzusuzu at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。