2007年11月06日

お手軽な家庭地震計「ホームサイスモメータ」

お手軽な家庭地震計 防災科研が識別プログラムを開発―11.4産経ニュース

気象庁の緊急地震速報の精度アップを目指す防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、受信端末に内蔵する地震計の新しいプログラムの開発に成功した。

設置場所となる家庭やオフィスで生じる振動と地震波を正確に区別するプログラムで、震度3以上の地震なら99.9%という高い精度で識別が可能という。

気象庁が提供するデータだけに頼らない“家庭観測所”としての活用が期待され、普及すれば速報の弱点だった直下型地震にも対応できる。

防災科研の堀内茂木(しげき)研究参事は「気象庁の地震計とは比較にならないほど安価だが、プログラムの開発で識別精度の高さが実証できた。国内全世帯への普及も夢ではない」としている。

--------------------------------------------------------------

これは期待できそうですよ!
「ホームサイスモメータ」と呼ばれる、この地震計。
緊急地震速報に加え、端末でも震度2以上の地震で初期微動(P波)を検知して警報で知らせてくれるのだとか。

緊急地震速報では現在の観測網は25キロに1カ所程度で、直下型地震や震源からの距離が30キロ以内では速報が間に合わないのですね。

そこで、このホームサイスモメータの普及で、直下型地震への備えの強化、そして、将来的には緊急地震速報の精度向上や速報力を高める「共助」の役割も想定しているというわけです。

そのうち、防災という意味で、家庭にあれやこれや設置することが義務付けられる時代になるのかもしれません…??


posted by suzusuzu at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64911085

この記事へのトラックバック

早くに知っていたら!実績NO.1住宅リフォームサイト「ホームプロ」
Excerpt: 実家の年老いた両親は実はリフォーム詐欺に会っていたようです。 どうしても昔の人は、何度も尋ねてくる話のうまい営業マンを顔見知りの人として信用してしまうようです。 どこやらに..
Weblog: ENJOYLIFEブログ
Tracked: 2007-12-01 14:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。