2008年01月11日

むやみに線路に出ることが最も危ない!

備える:その時どうする/3-2 勝手に車外に出ると危険―2007年12月19日 毎日新聞

揺れが小さい場合は次の駅まで徐行運転するが、大地震の際には長時間ストップする事態が想定される。懸念されるのは乗客のパニックで、JR東日本企画・防災グループの南雲敦課長は「対向列車が走ってくる可能性があり、むやみに線路に出ることが最も危ない。乗務員の指示に従ってほしい」と呼びかける。

東京メトロも、沿線などの地震計で大きな揺れを観測すると、全線で緊急停止することにしている。今年10月からは緊急地震速報も利用している。線路上で停止しても、車内バッテリーで非常灯がつき、放送装置や非常通報ボタンの電力も確保される。

停止後は運転士が車両を点検し、車掌が乗客のけがを確認する。ドアは非常用コックで開くが、トンネル内では車外に出ないのが基本。特に、銀座線や丸ノ内線は線路脇に高圧電流が流れており危険だという。地下鉄でも乗務員の指示に従うことが原則だ。【鈴木梢】
----------------------------------------------------------
どこもここも、危険がいっぱいですねえ。
むやみに線路に出ることが最も危ないと言われても、閉じ込められたままでいるのも恐怖です。周りの状況に詳しい乗務員さんを信頼するしかないのでしょうか…。


posted by suzusuzu at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。