2008年02月04日

その時どうする! ブロック倒壊避け、安全な道を

備える:その時どうする/5-1 ブロック倒壊避け、安全な道を―2008年1月16日 毎日新聞 

◇想定5 通学路や通勤路などを歩いている時、地震が起こったら

住宅街の道路に並ぶブロック塀。地震発生時の危険性は、ブロック塀などの倒壊で16人が亡くなった78年の宮城県沖地震で注目を集めた。国の首都直下地震の被害想定では、ブロック塀などの倒壊で約800人が死亡するとされている。

建築基準法施行令はブロック塀について、
・高さ2・2メートル以下
・厚さ15センチ以上(高さ2メートル以下の場合は10センチ以上)
・壁内に縦横80センチ以下の間隔で直径9ミリ以上の鉄筋を入れる−−などと定めている。

安全点検のポイントについては、宮城県沖地震を教訓に多くの改修工事を手がけてきた同県利府町の鎌田工務店が、自社のホームページに掲載している「自分でできる耐震チェックリスト」(http://www.jishin-block.jp/service/check.html)が参考になる。
--------------------------------------------------
地震を気にしてブロック塀をなるべく避けながら歩いているのですが、何だか挙動不審者と思われそうです…。

posted by suzusuzu at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82370636

この記事へのトラックバック

対訳ISO14001:2004 環境マネジメントシステ
Excerpt: いそいそフォーラムの主催者が写経を勧めるので買ってみました。写経とは環境マネジメントシステムの要求事項を英文のまま書き写すこと。エクセルへの入力もOKですが、スキャナーを使ったりすれば意味がないとの事..
Weblog: 建築の感想
Tracked: 2008-02-05 21:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。