2007年11月06日

お手軽な家庭地震計「ホームサイスモメータ」

お手軽な家庭地震計 防災科研が識別プログラムを開発―11.4産経ニュース

気象庁の緊急地震速報の精度アップを目指す防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は、受信端末に内蔵する地震計の新しいプログラムの開発に成功した。

設置場所となる家庭やオフィスで生じる振動と地震波を正確に区別するプログラムで、震度3以上の地震なら99.9%という高い精度で識別が可能という。

気象庁が提供するデータだけに頼らない“家庭観測所”としての活用が期待され、普及すれば速報の弱点だった直下型地震にも対応できる。

防災科研の堀内茂木(しげき)研究参事は「気象庁の地震計とは比較にならないほど安価だが、プログラムの開発で識別精度の高さが実証できた。国内全世帯への普及も夢ではない」としている。

--------------------------------------------------------------

これは期待できそうですよ!
「ホームサイスモメータ」と呼ばれる、この地震計。
緊急地震速報に加え、端末でも震度2以上の地震で初期微動(P波)を検知して警報で知らせてくれるのだとか。

緊急地震速報では現在の観測網は25キロに1カ所程度で、直下型地震や震源からの距離が30キロ以内では速報が間に合わないのですね。

そこで、このホームサイスモメータの普及で、直下型地震への備えの強化、そして、将来的には緊急地震速報の精度向上や速報力を高める「共助」の役割も想定しているというわけです。

そのうち、防災という意味で、家庭にあれやこれや設置することが義務付けられる時代になるのかもしれません…??


posted by suzusuzu at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

大地震でのけがの原因―3〜5割が家具の転倒や落下

ストップ地震被害 L型金具で固定、重心下げる収納…―9-27産経ニュース

近年発生した大地震で、けがの原因の3〜5割を占めるのが家具の転倒や落下だ。ただ、危険性や対策の重要性は分かっていても、「面倒」「方法が分からない」といった理由で先送りしてしまうのが実情だ。地震はいつ襲ってくるか分からない。
猛暑が過ぎ去った今こそ、家具の配置や中身を総点検するチャンスだ。(海老沢類)

東京消防庁が7月、新潟県中越沖地震で被災した柏崎市内の負傷者313人を調べたところ、けがの原因は「家具類の転倒・落下」が39・0%。
「揺れによる本人の転倒など」(29・4%)、「倒壊家屋の下敷き」(6・4%)などを抑えて最も多かった。
家具が直接体に当たるだけでなく、倒れた家具につまずいて転んだり、割れた食器やガラスに触れてけがをしたりしたケースもあった。

「外観は全く被害がなさそうでも、家の中をのぞくと、たんすや本棚、ピアノといった家具類がひっくり返って、極めて危険な状況になっていた…という家は珍しくない」と、東京消防庁防災課震災対策係の松野兼男さんは被災地の実情を指摘する。

実際、家具の転倒を防ぐために何らかの対策を取っていた人は30・0%にとどまった。
転倒防止金具を設置していなかった人に理由を聞いたところ、「面倒である」(72・4%)、「家具に傷を付けたくない」(18・9%)、「購入や取り付けの方法が分からない」(17・1%)などが多く(複数回答)、対策の不徹底や知識の欠如が被害拡大につながっている実態が浮かび上がった。(つづく)
--------------------------------------------------------------

確かに狭い部屋を見回してみて、家具が転倒してきたら逃れようがないなと思います。
さて、あなたの室内は万全ですか?


タグ:被害 地震
posted by suzusuzu at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

家具はL型金具で固定、下に重いものを収納!

ストップ地震被害 L型金具で固定、重心下げる収納…―9-27産経ニュース(2)

どうすれば家具の転倒や落下を防げるのだろうか。東京消防庁が震度6強クラスの揺れを再現して実験したところ、大型の木製家具の転倒防止に最も効果があったのは、L型金具を使って柱や壁に固定する方法だった。

ただ、壁に傷を付けられない賃貸マンションなどでは、ネジで柱に固定するのは難しい。そんな場合に松野さんが推奨するのが「天井と家具とのすき間に突っ張り棒を入れる」方法だ。最近は、棒状のものだけでなく、面で固定する強化段ボール製の箱も売られている。上部を固定するだけでなく、家具の下にストッパー式の器具を挟み込むと、安定性は向上するという。

家具は重ねて置かないのが基本。上下二段式のタイプなどは、連結部を金具で固定する必要がある。収納方法にもコツがある。「重いものは下に入れて軽いものを上に置くようにすれば、家具の重心が下がり、転倒しにくくなります」と松野さん。

また、収納した物が飛び出してくるのを防ぐため、扉には開放防止の器具を取り付け、ガラス飛散防止フィルムを張っておきたい。フィルムは家具の外側に張るのが正しい。(更につづく)



posted by suzusuzu at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

優先順位を決めて不安の種を消していく

ストップ地震被害 L型金具で固定、重心下げる収納…―9-27産経ニュース(3)

万一転倒した場合に備え、家具のレイアウトにも注意したい。

「寝ているときは無防備。寝室には大きくて重いものは置かないのが基本です」と松野さん。ガラスが割れるのを防ぐために家具やテレビなどは窓ガラスの近くには置かないようにする。

出入口付近に家具類を置くと、転倒してドアの開閉を妨げてしまう可能性がある。「ワンルームマンションなど、家具を他の部屋に移せない場合は、倒れた場合をイメージして『置く向き』を工夫してほしい」。寝ているところへ倒れ込まないよう、配置や向きを工夫するだけでも危険は軽減されるという。

松野さんは「いっぺんに転倒防止をするのは大変なので、まず寝室や普段長い時間過ごす部屋など、自分で優先順位を決めて不安の種を消していく。器具の取り付け方法が分からない場合は工務店やホームセンターなどに相談するといいでしょう」と話している。
--------------------------------------------------------------

とてもためになる情報でしたね。
「まず寝室や普段長い時間過ごす部屋など、自分で優先順位を決めて不安の種を消していく。」

なるほどですね。不安のない生活を得たいものです。

posted by suzusuzu at 11:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

国際ロボット展:パンダ型で高齢者セラピー

国際ロボット展:パンダ型で高齢者セラピー 突然、関西弁で「なんでやねん」―2007年12月3日毎日新聞(1)

高齢者の心を和ませる「パンダ型ロボット」でセラピー、「マッスルスーツ」で肉体支援−−。
11月28日から12月1日の4日間、東京江東区のビックサイトで「2007国際ロボット展」が開かれた。国内外のメーカーや大学など199社・66団体が参加、過去最大規模になった。ユニークなロボットをいくつか紹介する。【岡礼子】

早稲田大学人間科学部は、開発中の「赤ちゃん型ロボット」、高齢者を笑わせるパンダ型の「Toccoちゃん」展示。

「赤ちゃん型ロボット」は、認知症患者らがリラックスすることに主眼を置いて開発している。

水が入った透明な筒の中を泡が上がっていく「バブルユニット」や、3原色が順番に光る光ファイバーなどを部屋に設置し、利用者が赤ちゃんロボットを抱き上げるとスイッチが入る電源の役割を果たす。

同大では今後、ロボットを抱くことで心電図を取ったり、ロボットの位置が変わった際には外部と通信して高齢者の無事を知らせる手段にするといった機能も搭載したいとしている。

ぬいぐるみを利用したパンダロボットの「Toccoちゃん」は、高齢者に話しかけて笑いを誘うことを目的にしたロボット。

触覚センサー、スピーカー、カメラなどを組み込み、泣きまねをしたり「だっこしてよ」とせがむなど、30種類の反応がある。

女の子の設定だが、突然、関西弁の男の声で「なんでやねん」と言うなど、笑わせる工夫を凝らす。

オムロンの協力を得て「笑顔センサー」の活用を検討中で、可部明克准教授は「アニマルセラピーの代替になればと考えている。相手が笑うまでパンダが話しかけたり、動いたりするようにしたい」という。(つづく)
------------------------------------------------------------
面白いですね。盲導犬や介助犬などの活躍は素晴らしいのですが、それまでに育てることの大変さや、生き物だけにその世話が大変なのではと心配にもなりますが、ロボットの活躍も期待したいですね。

防災用生活水保存バッグ 容量5L

防災用生活水保存バッグ 容量5L

販売価格¥680

【商品説明文】「防災用生活水保存バッグ容量5L」は、銀イオンのパワーにより雑菌を防ぎ、約一年間保存ができる水タ…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

災害支援や介護に役立つロボットたち!

国際ロボット展:パンダ型で高齢者セラピー 突然、関西弁で「なんでやねん」―2007年12月3日毎日新聞(2)

また、川崎重工業のロボットは、ルービックキューブを解くパフォーマンスを披露。崩したルービックキューブを渡されるとカメラで6面すべてをチェック、最短の手を計算して色をそろえていく。早い時は40手以下でそろうという。

災害支援や介護に役立つロボットも展示された。
独立行政法人「情報通信研究機構」は、地震などの被災地で負傷者を探すロボットを展示。

倒壊したビルや、毒ガスなどで人間が近づけない危険な建物内を探索できるよう、カメラと通信装置を積み、無線LANのアンテナを設置しながら進む。既に実用化されており、新潟県中越地震で被災した山古志村で、下水道の調査に使われたという。

このほか、旭光電機はセンサーを付けた人間が腕を振ると同じように動くシステムを開発。日立メディコは、空気圧式の人工筋肉を使って人の動きをサポートする「マッスルスーツ」を展示した。スキューズ社は、人間の手そっくりの義手などを開発中だ。

人間を支援するさまざまなロボットは日々、進化を遂げているようだ。
---------------------------------------------------------------
危険なところでも大活躍のロボットたち。感謝して声援を送りたい!

多機能センサーライト SB-05

多機能センサーライト SB-05

販売価格¥5,145

【商品説明文】「多機能センサーライトSB-05」は、熱検知センサーにより、自動的に点灯するセンサーライトです。…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 11:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

能登沖にM7級の未公表活断層か!?

能登沖にM7級の未公表活断層か 北電、15年に8カ所把握(1)―2007年12月18日 北日本新聞社

北陸電力は十七日、経済産業省原子力安全・保安院の指示を受けて実施した志賀原子力発電所(石川県志賀町赤住)沖の海域断層の再評価で、マグニチュード(M)6・2−7規模の地震を引き起こす可能性のある褶曲(しゅうきょく)構造が八カ所あることを把握し、平成十五年五月に保安院に報告していたと発表した。北電は、当時国が耐震性を定めた旧指針では、安全性に問題がないため、公表していなかった。

再評価は、褶曲構造の地下深部に活断層が存在する可能性があるとする専門家の最新の知見を踏まえ、保安院が十四年九月に口頭で電力各社に指示していた。

北電が志賀原発1、2号機の設置許可申請をした昭和六十二年と平成九年当時、褶曲構造は耐震設計を行う際に考慮すべき対象になっておらず、設置許可申請書には載っていない。(つづく)
--------------------------------------------------------------
一体、安全性に問題がないと、どういう基準で決めるのやら…。
原子力発電所が被災したときの放射能漏れの危険を考えると空恐ろしくなります!

posted by suzusuzu at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

北電、15年に8カ所も把握していた?!

能登沖にM7級の未公表活断層か 北電、15年に8カ所把握(2)―2007年12月18日 北日本新聞社

北電は志賀原発から半径三十キロ以内の海域で行った過去の音波探査記録を基に再評価を行った。その結果、十六カ所の褶曲構造のうち、八カ所について活断層が存在する可能性があることを確認した。

褶曲構造の長さは六・五−二〇・五キロで、志賀原発からの距離は一四・五−二七キロ。いずれも今年三月の能登半島地震の震源地付近ではなかった。北電の再評価では、地震が発生した際に最も志賀原発に大きな影響を与えるのは、最大地震規模がM6・8と想定される長さ一四・五キロの褶曲構造で、地震の加速度は二百五十八ガルと想定している。

北電は「志賀原発の基準地震動である四百九十ガルを超えるものではなく、耐震安全性に問題はない」としている。

東京電力が十五年に行った同様の再評価で、柏崎刈羽原発(新潟県)沖の海域断層を過小評価していたことが発覚したことを受け、北電も当時の結果を公表した。
--------------------------------------------------------------
京都・清水寺での今年一年の世相を表現する漢字一文字は「偽」。
「偽り」とは、事実でないこと。ありのままでないこと。また、だますこと。と、広辞苑にあります。
「隠す」の意味の中にも、(人に知られないように事実を)いつわる。というのがあります。
都合が悪くて隠していること、他にもいっぱいありませんか?



posted by suzusuzu at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

巨大地震に対する安全対策の不備!

「安全神話」の崩壊 ―7月25日 紀伊民報
東京電力柏崎刈羽原発事故の情報が整理されてくるとともに、巨大地震に対する安全対策の不備が次々と露呈してくる。

▽原発の直下まで断層が伸びていたとか、すべての原発に消防隊が常駐していなかったとかの続報があるたびに、これまで政府や電力会社が強調してきた「原発は安全」という言葉の根拠が覆されていく。消火のための水すら確保できないようでは話にならない。

▽海外の目も厳しい。朝日新聞によると、アメリカの新聞は「専門家は東電の説明を受け入れることに慎重だ。日本の原発業界はトラブルを隠ぺいしてきた歴史がある」と伝え、イギリスの科学誌は「日本の原発は耐震設計が不十分」という記事を掲載したそうだ。

▽だが、政府は国際原子力機関(IAEA)の立ち入り調査をいったんは断った。どういう神経だろう。まだ表に出ては困ることがあるのだろうか。現地の知事らからの強い要請で、その後、調査を受け入れることに方針を変えたが、なんとも腰が据わらない。

▽地震の多い日本の原発の危険性については阪神大震災以降、何度も警告されてきた。宮城県沖地震や能登半島地震で、その危険性が現実味を帯びてきたが、それもまた教訓にされなかった。

▽もはや「安全神話」に寄りかかっている場合ではない。現実を謙虚に見つめ、教訓にして、安全対策に取り組もうではないか。さもないと、日本の産業基盤そのものが崩れてしまうぞ。(石)
-------------------------------------------------------------
本当に人間って、同じ過ちを繰り返すものなんだなあと思いますね。
先日、テレビで「壊滅暴風圏 カテゴリー6」という映画を観ましたが、現代文明というものは砂上の楼閣、脆くて危険なものだと思います。

posted by suzusuzu at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

その時どうする 消火より身の安全優先で

備える:その時どうする/1-1 消火より身の安全優先で―2007年12月12日 毎日新聞

◇想定1 家庭で食事の支度をしている時に地震が発生したら

無理に火を消そうと火元に近づくより、テーブルなどの下に入り、脚を持って揺れが収まるまで身を守ることが重要だ。東京消防庁は今年8月、地震時の行動や事前の備えに関する指導要領を「消火より身の安全が最優先」との内容に改めた。

以前は、「火を消すチャンスは3回あり、(1)小さな揺れを感じた時(2)大きな揺れが収まった時(3)出火した時」と指導していた。
しかし、同庁の調査によると、04年10月の新潟県中越地震では負傷者の11%をやけどが占め、05年3月の福岡沖玄界地震でも22%はやけどだった。

一方で、今年7月の中越沖地震の際には、一般家庭では揺れによる火災は発生しなかった。そのため、同庁は「地震だ 火を消せ」と長年指導してきた内容を見直し、火の始末は揺れが収まった後でいいと判断した。(つづく)
------------------------------------------------------------
長年の思い込みや習慣を訂正するのは骨が折れるものですが、今はストーブも傾いたら火が消えるし、ガスも止まるみたいなので、わざわざ揺れる中、危険な火元に近づく必要はないようです。


posted by suzusuzu at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

身を守るために、とっさの行動を何か一つ見つけておく!

備える:その時どうする/1-2 消火より身の安全優先で―2007年12月12日 毎日新聞

家庭用消火器具は台所に置ける小型の商品が主流だ=東京都渋谷区の東急ハンズ渋谷店で2007年12月10日 万一台所から火が上がったら、何より有効なのが消火器だ。「いざと言うとき慌ててしまい、うまく扱えない」という声に応え、一般家庭用のエアゾール(スプレー)式簡易消火具がホームセンターなどで販売されるようになった。重さ600グラムほどと軽量で、火に向けてスプレーするだけで薬剤が噴射される。消火器メーカーの初田製作所(大阪府枚方市)は、キャップの取り外しが不要で障害者も扱いやすいよう工夫した商品も開発した。

モリタ(東京都港区)は天ぷら油用消火器具「消火フラワー」を今年1月に発売し、高齢者や女性を中心に5万本を売り上げた。チューリップ型で台所に飾りやすく、長さ50センチの茎の根元を持って鍋に投入するだけと使い方も簡単なので、火に近づかずに消火できるという。

同庁生活安全課の西脇良和・消防司令補は「テーブルの下にもぐる、近くにある座布団をかぶるなど、あらかじめ家族で身の守り方を話し合っておけば、地震時も慌てなくて済む。身を守るために、とっさにできる何か一つの行動を見つけておいてほしい」と話している。【鈴木梢】
--------------------------------------------------------------
まさかのときの為に、ちゃんと備えておきたいものです。


posted by suzusuzu at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

もしも、デパートで買い物中に大きな揺れに見舞われたら!

備える:その時どうする/2 誘導に従い、落ち着いて行動―2007年12月19日 毎日新聞 

◇想定2 デパートで買い物中に大きな揺れに見舞われたら

デパートなどの集客施設で最も懸念されるのは、買い物客が階段や出入り口に殺到するなどパニックが起きることだ。従業員の誘導に従い、落ち着いて行動することが求められる。

また、陳列されている食器や家電製品、たんす、頭上につるされた看板やシャンデリアなど、転倒や落下の危険性があるものが多数ある。ガラスケースや鏡が割れる可能性もある。速やかに安全を確保できる通路に移動し、低い姿勢を保ってカバンや上着で頭を保護することが基本だ。

日本百貨店協会は地震対策について、加盟社の防災担当を対象に勉強会を開いている。04年10月の新潟県中越地震後の勉強会では、被災した長岡市内にある百貨店の店長が被害状況や買い物客への対応を紹介するなど、全国の百貨店に教訓を伝えている。

このうち、三越日本橋本店(東京都中央区)は、本館の柱320本に免震装置を入れ、震度7の衝撃を5程度に和らげられるよう工事を進める。屋上と地下の2カ所にある震度計は館内放送装置に結ばれ、震度4以上の地震があると自動的に「地震を感知しました」と男性の声でアナウンスが流れる。平常時に館内放送で流す女性の声と区別することで、緊急性を認識してもらうのが狙いという。(つづく)
---------------------------------------------------------

お正月のデパート、福袋に殺到する人々。私は「頑張るなあ」とテレビで見るばかり。「もしも…」はいつやってくるか分かりません!


posted by suzusuzu at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

その時どうする―誘導に従い、落ち着いて行動

備える:その時どうする/2-2 誘導に従い、落ち着いて行動―2007年12月19日 毎日新聞

同店(三越日本橋本店)は緊急地震速報も活用する。速報を受信すると店内でNHKの放送と同じ音のチャイムを流し、「地震が来ます。落ち着いてください」などと冷静な行動を促す予定だ。

エレベーターは地震時、最寄りの階で自動停止する仕組みになっている。一方で、エスカレーターは緊急停止しないため、慌てて上下階に駆け出すと転落の恐れがある。そのまま手すりにつかまり、身をかがめるのが適切という。

同店総務室の福井勝三室長は「従業員には、どこにいても誘導できるよう、普段から安全な場所の確認を求めている。揺れが収まった後も余震の可能性や周辺の被害状況を伝えるので、館内放送に従ってほしい」と話す。【鈴木梢】
------------------------------------------------------------

デパートだけでなく、映画館、テーマパーク、スーパーから公共の交通機関などなど、あらゆる場所の従業員の危機管理意識の向上をお願いしたいものです。

posted by suzusuzu at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

その時どうする 電車に乗っている時に地震が起きたら

備える:その時どうする/3-1 勝手に車外に出ると危険―2007年12月19日 毎日新聞

 ◇想定3 電車に乗っている時に地震が起きたら

JR東日本、東海、西日本の3社は新幹線の地震対策として、「早期地震検知システム」を導入している。沿線や海岸に設置した地震計が地震の最初の小さな揺れである初期微動(P波)を検知した段階で、大地震と推測されれば、大きな揺れの主要動(S波)が到達する前に変電所からの送電を自動停止し、非常ブレーキがかかる仕組みになっている。

だが、04年10月の新潟県中越地震の際には、震源地周辺では検知システムの作動と揺れの到達がほぼ同時となった。長岡駅まで約5キロの地点を時速約200キロで走っていた上越新幹線「とき325号」は、強い揺れの中を1・6キロ先まで走り続け、脱線した。

首都圏や京阪神を走るJRの在来線は、沿線の地震計で震度4程度以上を記録した場合、緊急停止することにしてきた。最近になって対応を強化し、JR東は今月から、新幹線の検知システムや気象庁の緊急地震速報の情報も利用するようにした。JR西も既に新幹線のシステムの情報活用を始め、来年2月からは緊急地震速報も利用する。(つづく)
------------------------------------------------------------

新幹線にしても高速道路にしても、猛スピードで走っているときに…。創造するだに怖ろしい!
私は軽自動車なので、高速は走りませんし、今は新幹線にも乗りません。でも、そういうわけにはいかない人々のために、しっかり安全対策してほしいものです。


posted by suzusuzu at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

むやみに線路に出ることが最も危ない!

備える:その時どうする/3-2 勝手に車外に出ると危険―2007年12月19日 毎日新聞

揺れが小さい場合は次の駅まで徐行運転するが、大地震の際には長時間ストップする事態が想定される。懸念されるのは乗客のパニックで、JR東日本企画・防災グループの南雲敦課長は「対向列車が走ってくる可能性があり、むやみに線路に出ることが最も危ない。乗務員の指示に従ってほしい」と呼びかける。

東京メトロも、沿線などの地震計で大きな揺れを観測すると、全線で緊急停止することにしている。今年10月からは緊急地震速報も利用している。線路上で停止しても、車内バッテリーで非常灯がつき、放送装置や非常通報ボタンの電力も確保される。

停止後は運転士が車両を点検し、車掌が乗客のけがを確認する。ドアは非常用コックで開くが、トンネル内では車外に出ないのが基本。特に、銀座線や丸ノ内線は線路脇に高圧電流が流れており危険だという。地下鉄でも乗務員の指示に従うことが原則だ。【鈴木梢】
----------------------------------------------------------
どこもここも、危険がいっぱいですねえ。
むやみに線路に出ることが最も危ないと言われても、閉じ込められたままでいるのも恐怖です。周りの状況に詳しい乗務員さんを信頼するしかないのでしょうか…。


posted by suzusuzu at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

新潟県中越沖地震から半年、今も仮設住宅に3038人

新潟県中越沖地震から半年、今も仮設住宅に3038人―1月15日 読売新聞

死者15人、重軽傷者2315人を数えた新潟県中越沖地震の発生から16日で半年を迎える。

被災地・柏崎市では、がけ崩れなどのおそれがあるとして、150世帯413人に対する避難指示・勧告が続いている。

新潟県のまとめでは、住宅被害は11日時点で、全壊1320棟を含めて計約4万2000棟の被害が確認されている。被災者向け仮設住宅には、同市と刈羽村、出雲崎町で計1059世帯3038人(昨年12月末現在)が暮らし、ピーク時の1061世帯3044人(昨年10月末)とほとんど変わっていない。

国の支援では、支援金の使途を住宅本体の再建にも広げ、申請者の年齢・年収要件を撤廃するなどした改正被災者生活再建支援法が昨年11月に成立。柏崎市は今月21日から新制度に基づく申請を受け付ける。
--------------------------------------------------------
被災して後、元通りの生活にはなかなか戻れないんですね。
特に身寄りのないお年寄りが、仮設住宅で孤独死されるというニュースを聞くと心が痛みます。

posted by suzusuzu at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

災害版「ウィキペディア」を構築へ 災害復興学会、13日に発足

災害版「ウィキペディア」を構築へ 災害復興学会、13日に発足―
2008.1.13 産経ニュース

阪神大震災などを教訓に、学識経験者や弁護士らが13日に設立する「日本災害復興学会」が4月をめどに、法制度や被災者支援などをデータベース化した「災害版百科事典」をインターネット上に構築することが分かった。オンライン百科事典「ウィキペディア」と同じ形式で、会員が自らの研究・活動内容を自由に付け加えることができ、誰でも閲覧できる。17日で震災から13年。災害復興にかかわる研究成果を体系的にまとめ、一般に公開し、防災に役立ててもらうのが目的という。

関西学院大(兵庫県西宮市)で同日開かれる学会の設立総会で発表する。

同学会は、自然災害からの復興に焦点を絞った日本初の学会。自然科学系の研究者だけでなく、被災者支援の法体系を研究する弁護士や、被災地でボランティア活動を行うNPOなど会員約170人が参加し、災害復興学の確立を目指す。

災害版の「ウィキペディア」は、平成7年1月の阪神大震災だけでなく、平成16年10月の新潟県中越地震や昨年7月の新潟県中越沖地震、海外の大地震などの事例を示し、被害の程度だけでなく、復興理念、被災者支援の法制度のあり方などに対する取り組みや研究成果などを紹介。目次別にウェブ上で一覧できる仕組みで、災害が発生した際の復興だけでなく、日常的な防災活動にも役立つ。今年4月に学会ホームページを立ち上げるのをめどに、稼働させる。

学会立ち上げの準備を進めてきた関西学院大災害復興制度研究所の山中茂樹教授は「阪神大震災以降も各地で大地震が相次いでいるが、それぞれの研究成果は孤立し、復興に生かされていないケースもある。災害版ウィキペディアは事例を体系的にまとめるため、今後起きる可能性のある大災害での復興に役立つ」と話している。

同学会は、初代会長に室崎益輝・消防庁消防研究センター所長が就任予定。13日に総会と第1回学会が行われ、14日は大地震に見舞われた兵庫、新潟県知事らを迎え、記念シンポジウムを行う。

-----------------------------------------------------
阪神大震災の教訓を生かした取り組みがいろいろと行われてきています。4月をめどに構築される、法制度や被災者支援などをデータベース化した「災害版百科事典」とは、どのようなものになるのでしょう。ともかく、災害復興に大いに役立つものになってほしいですね。

posted by suzusuzu at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

その時どうする! 高速道路走行中に地震が発生したら

備える:その時どうする/4-1 ゆっくり減速、路肩に停止―2008年1月9日 毎日新聞

◇想定4 高速道路走行中に地震が発生したり、緊急地震速報が流れたら

日本の大動脈の東名高速は、東海地震の発生で著しい被害が予想される「地震防災対策強化地域」を東西に貫く。大地震発生時、走行中の車はパンクしたようにハンドルをとられ、前方の道路は波打つように見えると想定されるという。

東・中・西日本高速道路3社は共同で、地震発生時の心得をまとめた冊子「地震に備えて」を作成している。
走行中に揺れを感じたら、急ブレーキをかけないよう注意を促す。追突事故などを防ぐためで、ゆっくりと減速し、左路肩に停止する。停車したらエンジンを止め、ハザードランプを点灯させることも求める。

東海地震の警戒宣言が出されると、強化地域内への流入は制限される。道路上であれば、あわてずに速度を落として走行し、ラジオなどで地震や交通情報を聞く。
震災に備え、水や非常食、毛布などをトランクに入れておくことも勧めている。中日本高速道路によると、耐震補強が必要な橋脚は東名高速などで1万本あるが、今年3月までにすべて着工するという。(つづく)
---------------------------------------------------
高速道路を走行中に地震に遭遇したらと考えただけで、怖いですね!
仕事などで頻繁に利用する人もいるでしょう。常日頃の備えが大切です!

posted by suzusuzu at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

急ブレーキをかけず、ハザードランプをつけて緩やかに減速…

備える:その時どうする/4-2 ゆっくり減速、路肩に停止―2008年1月9日 毎日新聞

◇想定4 高速道路走行中に地震が発生したり、緊急地震速報が流れたら

頻繁に渋滞する首都高速道路では、左路肩に寄れないことも予想される。その場合は右側でゆっくり減速し、中央部は緊急車両が通行できるようあけておく。入り口は震度5強以上で閉鎖される。同社防災対策グループの国分芳夫総括マネジャーは「安全が確認された段階で出口に誘導するので、警察や巡回パトロールの指示に従ってほしい」と説明する。

昨年12月、開通直前の首都高速中央環状新宿線の山手トンネル内で、緊急地震速報の訓練が行われた。参加車両は、後続車が速報を聞いていない場合を想定して急ブレーキをかけないことを確認し、ハザードランプをつけて緩やかに減速、道路左側に停車した。

参加したタクシー運転手の北浜峰雄さんは「実際の地震では、後ろの車が速度を落とさないのではないかと心配になる」と話す。警視庁の松本治男交通部長は「速報を効果的に使うには周知が欠かせない」と述べた。【鈴木梢】
-------------------------------------------------
とにかく、落ち着いて周りをよく見回す事が大切ですね。

posted by suzusuzu at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

その時どうする! ブロック倒壊避け、安全な道を

備える:その時どうする/5-1 ブロック倒壊避け、安全な道を―2008年1月16日 毎日新聞 

◇想定5 通学路や通勤路などを歩いている時、地震が起こったら

住宅街の道路に並ぶブロック塀。地震発生時の危険性は、ブロック塀などの倒壊で16人が亡くなった78年の宮城県沖地震で注目を集めた。国の首都直下地震の被害想定では、ブロック塀などの倒壊で約800人が死亡するとされている。

建築基準法施行令はブロック塀について、
・高さ2・2メートル以下
・厚さ15センチ以上(高さ2メートル以下の場合は10センチ以上)
・壁内に縦横80センチ以下の間隔で直径9ミリ以上の鉄筋を入れる−−などと定めている。

安全点検のポイントについては、宮城県沖地震を教訓に多くの改修工事を手がけてきた同県利府町の鎌田工務店が、自社のホームページに掲載している「自分でできる耐震チェックリスト」(http://www.jishin-block.jp/service/check.html)が参考になる。
--------------------------------------------------
地震を気にしてブロック塀をなるべく避けながら歩いているのですが、何だか挙動不審者と思われそうです…。

posted by suzusuzu at 14:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。