2008年08月24日

落雷が原因か 京都・醍醐寺の火災

落雷が原因か 京都・醍醐寺の火災―2008.8.24 産経ニュース

24日午前0時半ごろ、京都市伏見区の醍醐山中(上醍醐)から出火、醍醐寺境内の准胝堂(じゅんていどう)と呼ばれる観音堂約150平方メートルと、隣接の休憩所約50平方メートルを全焼し、午前2時50分ごろに鎮火した。

現場は、一般的に醍醐寺と呼ばれ、五重塔などがある下醍醐の境内から東に約2キロの険しい山中で、消防車両の到着に20分以上かかった。

山科署によると、当時、付近には雷注意報が出され、落雷があったため僧侶2人が見回りしていた。同署と京都市消防局は、落雷で火災が発生した可能性もあるとみて調べている。周辺に火の気はなく、夜間は人の出入りはないという。

僧侶らは、准胝堂の近くの寺務所に泊まり込んでいた。午前零時5分ごろ、火災に気付いたが山中で携帯電話が通じず、落雷後の停電で電話も使えなかったため、徒歩で下山し午前零時半ごろ通報したという。

准胝堂は平安時代の貞観18(876)年の創建と伝えられ、昭和14年の火災で焼失、43年に再建された。本尊・准胝観世音菩薩は秘仏で、毎年5月18日に御開扉(ごかいひ)法要が営まれ、前後3日間だけ開帳される。

醍醐寺は真言宗醍醐派で、世界遺産に登録。ホームページによると、上醍醐は醍醐寺草創の地で、西国三十三観音霊場第11番札所の准胝観音堂を中心に、国宝の薬師堂や国の重要文化財の開山堂や如意輪堂など文化財の建築物が点在している。
-------------------------------------------------
異常気象も地球温暖化のせい??
今年の夏は心臓が止まりそうなものすごい雷と豪雨が多かったですね。雷による火災は防ぎようが無く、本当に怖いです!

posted by suzusuzu at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

新日鉄八幡で実況見分 火災発生から約2週間

新日鉄八幡で実況見分 火災発生から約2週間―2008.8.11 産経ニュース

新日本製鉄八幡製鉄所(北九州市戸畑区)の第五コークス炉付近で起きた火災で、福岡県警と北九州市消防局は合同で、発生から約2週間たった11日午前、実況見分した。

県警や新日鉄によると、火災は7月29日午前6時40分ごろ発生。第五コークス炉の中に石炭を運び入れるベルトコンベヤーの一部が折れて落下、その下を通るガス管を破損して引火したとみられる。

同製鉄所内では平成12年と13年にベルトコンベヤーが摩擦で熱を持ち、たまった石炭の粉に引火したことが原因とみられる火災が起きており、県警と消防は今回も同様の現象が起きた可能性についても調べる。

発生から1週間後の8月5日午後、コークス炉内のガス濃度が低下し、再燃や爆発の恐れがなくなったため、消防が鎮火を宣言した。
--------------------------------------------------
1週間も燃え続けるなんてすごいですね。
一生懸命省エネ生活しているのに、努力がふいですね。
これは人災でしょう、きっと!

posted by suzusuzu at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

【マンホール増水事故】作業中断直後に鉄砲水か

【マンホール増水事故】作業中断直後に鉄砲水か 生活影響少ない工法があだに― 2008.8.5 産経ニュース

5日午後0時15分ごろ、東京都豊島区雑司が谷の下水道工事現場から「下水道内で作業員が流された」と119番通報が入った。マンホール内で作業していた5人が流されて行方不明となり、このうち約3.5キロ離れた神田川で発見された埼玉県三郷市の大島浩さん(49)が、搬送先の病院で死亡した。東京消防庁と警視庁目白署は残る4人の捜索を急いでいる。

警視庁によると、事故直前の午前11時40分ごろ、雨は降り始めたばかりで下水道内の水量はひざ下くらいだったが、念のため作業を中断するように地上の作業員が注意を促した直後に大量の水が流れ込んできたという。別の場所で降った雨が鉄砲水となって下水道内に大量に流れ込んだとみられる。

調べでは、工事は都が発注した「雑司が谷幹線再構築工事」で、竹中土木(江東区)が受注した。流されたのは、現場責任者で下請けの北立建設工業(千代田区)社員の大島さんと、孫請けの橘技建工業(足立区)の作業員4人。

大島さんらは別の作業員1人と計6人で同日午前9時ごろからマンホール内に入って、地下約2.3メートルにある老朽化した下水道の配管(幅約2メートル、高さ約1.5メートル)内で補修作業をしていた。住民生活に影響が出ないように、水を流しながらでも可能な工法が採られていたという。

現場は家庭用排水と雨水の両方を流す下水道で、大雨が降るとすぐに増水するため、ひざ付近まで水量が増えると作業中止か、一時待機する決まりになっていた。水量は事故直前まで変わらなかったが、午前11時40分ごろに雨が降り始めたため、地上にいた作業員が「地上に戻れ」と指示。その約2〜3分後に水量が一気に増えたという。1人は自力で脱出したが、大島さんらは流された。

付近では正午から1時までの間に、65ミリの雷を伴う局地的な大雨が降り、大雨洪水警報も発令された。現場はJR山手線目白駅から東に約1キロの住宅街。
----------------------------------------------------
地球温暖化による異常気象か、もっとあらゆることに関する危険性の認識を改めるべきかも…??

posted by suzusuzu at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

北陸に激しい雨 3地点で観測史上最多

北陸に激しい雨 3地点で観測史上最多―2008.7.28 産経ニュース

気象庁は28日、前線が活発化した影響で北陸地方に非常に激しい雨が降り、今後も1時間に30〜70ミリの大雨が降る恐れがあるとして浸水害や土砂災害、突風に警戒を呼び掛けた。

1時間当たりの降水量が富山県の伏木で72・0ミリ、氷見で68・5ミリ、福井県の越廼で67・5ミリと各地で観測史上最多を記録。秋田県の大正寺41・5ミリなど2地点も、7月の最多記録となった。

日本海から北陸地方に停滞した前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となった。
-----------------------------------------------------
関東、東海で大荒れに 大雨、強風に警戒呼び掛け―2008.4.8 産経ニュース

気象庁は8日、発達した低気圧の影響で、関東地方で9日朝まで強い風が吹き大雨の降る恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。9日午前6時までの24時間予想雨量は、多い所で関東で120ミリ、東海地方、伊豆諸島で60ミリ。

東海道沖の低気圧が発達しながら本州南岸を東進し、8日夜には関東の東海上に進む見込み。

東海地方と伊豆諸島の一部で8日未明に風速約20メートルの強い風が吹いた。関東地方も8日から9日にかけて強い風となり、海上は波の高さが6メートルを超える大しけとなる所がある。

最大風速は、関東と東海の陸上で20−25メートル、海上は28メートルと予想される。

降り始めからの総雨量が100ミリを超えている所もあり、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水などへの警戒も必要としている。
---------------------------------------------------
最近、突然の豪雨とか浸水害や土砂災害、突風などのニュースをよく見聞きします。
それもこれも、温暖化の影響でしょうか??
激しい雨の音を身を縮めて聞いていると、まるで、この世の終わりが迫ってくるような気がしてしまいます。

posted by suzusuzu at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった

【東北地震】震度6強、なのに被害が少なかった理由は?―2008.7.24 産経ニュース

最大震度6強、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8。24日未明に発生した岩手県沿岸北部の地震は、広範囲で強い揺れが観測されたが、全半壊などの家屋の大きな被害は確認されなかった。

筑波大の八木勇治准教授の解析によると、地震エネルギーを示すモーメントマグニチュード(Mw)は阪神大震災(平成7年)と同じ6・9。阪神では6400人以上の犠牲者の約8割は倒壊した家屋や家具の下敷きになった。この違いは、地震波の特性によるものだという。

東大総合防災情報研究センターの古村孝志教授によると、一般に周期の短い地震波は小さな構造物を激しく揺らし、周期が長い地震波は大きな構造物をゆっくりと揺さぶる。阪神大震災では、木造家屋などの被害に強く影響する周期1〜2秒の地震波(キラーパルス)が強かった。

今回は、周期が0・1〜0・2秒の短周期地震動が強く、キラーパルスがほとんど含まれていないことが、古村教授らの解析で分かった。プレート(岩板)の内部で起きる地震は、短周期の地震波が強く出るという。メカニズムは異なるが、6月14日の岩手・宮城内陸地震も、キラーパルスは弱かった。

一方、岩手県洋野町や青森県八戸市の人たちは、被害が軽微だった背景に、耐震性の高い住宅が多かったことや、防災意識の高さがあるという。

「古い家は自分たちで山の木を切り出して建てたものが多い。都市部で建てる普通の家の3〜4倍の太さの柱やはりを使っている」と、洋野町種市の測量設計事務所社長、酒井義隆社長(51)。別の建築士は「古い大工は柱と土台、金属の留め具を使わずに柱と梁(はり)を組む。異物を使わない分、揺れを吸収しやすいのではないか」と分析した。

八戸市の無職女性(70)は「戸棚は引き戸のものを選び、茶碗(ちやわん)などが飛び出さないようにしている。ここは地震が多いから、古い人はみんな防災意識が高い」と話した。

同市周辺は平成6年12月の「三陸はるか沖地震」をはじめ、多くの震災を経験してきた。青森県が昨年度から行っている耐震診断員の派遣事業で、八戸は真っ先に参加を訴えた自治体のひとつ。同市建築指導課の大原満課長は「住民も市も震災対策に対する意識は高い」と語った。
-----------------------------------------------------------
またもや、大きな地震が!と思いましたが、その後の被害状況の少なさに何だかほっとする思いです。
震災対策に対する高い意識は見習うべきですが、防災対策のなされていない我が家を思うと…。

posted by suzusuzu at 15:44| Comment(0) | TrackBack(3) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

【中越沖地震1年】復興道半ば、疲れた表情も

【中越沖地震1年】復興道半ば、疲れた表情も 柏崎市民―2008.7.16 産経ニュース

「少しは落ち着いたが…」。新潟県中越沖地震から1年となる16日、被害が大きかった柏崎市では「地震の報道を見るのはまだつらい」と話す市民も見られ、復興が道半ばであることを感じさせた。

海沿いの仮設住宅に住む沢江克江さん(61)は「片付けなどでばたばたして、あっという間だった。これからは次の家のことを考えなくては」と話し、長引く不安な暮らしに疲れた表情を見せた。

集会場前に置かれた七夕飾りには「皆の笑顔が空いっぱい広がりますように」と短冊がつり下げられ、潮風に揺れていた。

メーンストリート「えんま通り」商店街は被災した商店が取り壊されるなどして今も空き地が目立つ。通行中の飯野昌子さん=当時(71)=が下敷きとなり死亡した呉服店跡地の前には、カサブランカの花束が供えられていた。
----------------------------------------------------
被災後、元の生活に戻るには大変な苦労と年月が必要なんですね。

緊急防災 デラックスセット

緊急防災 デラックスセット

販売価格¥10,500

【商品説明】●難燃持出袋 ●チェックリスト ●軍手 ●ロープ ●アルミシート ●救急ばんそうこう大×4 ●救急…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

災害時、救助する側も「食」重要 研究成果を出版

災害時、救助する側も「食」重要 研究成果を出版―2008年7月11日 神戸新聞 

阪神・淡路大震災の被災体験から、災害時の食のあり方を研究している奥田和子・甲南女子大名誉教授(71)=食デザイン論=が、救助活動や復旧作業に携わる人の非常食に着目した「働く人の災害食 神戸からの伝言」を出版した。地道な聞き取り調査をもとに、震災の教訓が備蓄に生かされていない現状を明らかにし、災害現場で働くプロの体力や精神力を支える食事の重要性を説く。

奥田さんは芦屋市内の自宅で被災し、震災直後から避難所や仮設住宅での非常食や救援物資のあり方を提言してきた。一方で、救助活動や復旧で休みなく働いた消防士や警察官、医師、看護師、工事関係者らの食事についてはほとんどデータがないことを知り、二〇〇五年から調査を開始。阪神・淡路や新潟県中越地震の被災自治体、首都直下地震に備える東京都や警視庁、電力・ガス会社、民間企業、病院などに聞き取りを重ねた。

同書では、阪神・淡路や中越で活動した消防署員らの体験談から、飲まず食わずの重労働で心身共に疲れ、思うような活動ができなかった実態を報告。教訓が生かされているかを検証するため、阪神・淡路の被災地、東海・東南海・南海地震の警戒地域など計二十一自治体の〇七年春の備蓄状況を調査・分析した。

調査時点で消防署員用の飲料水と食料の両方を備蓄していたのは西宮、横浜など五市にとどまり「被災者向けに比べ、救助・復旧関係で働く人の非常食に対する認識は不十分。組織ごとの対応のばらつきも大きい」と指摘する。

また、「温かいご飯が食べたかった」などの意見を参考に、電気やガスがなくても加熱できる非常食のモデル献立もレトルト食品メーカーと協力して開発し、紹介している。奥田さんは「働く意欲を高める災害食の工夫は、被害拡大を最小限に食い止め、被災地が復興へ立ち上がるのに欠かせない」と話す。
---------------------------------------------------
確かに、救助に携わる人たちも人間であり、スーパーマンや神さまではないのだから、しっかり活動できるだけの飲料水や食料の備蓄は大切でしょう!

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

販売価格¥84,000

【商品説明】●難燃持出袋 ●チェックリスト ●軍手 ●ロープ ●アルミシート ●救急ばんそうこう大×4●救急ば…

商品詳細ページへカートページへ

posted by suzusuzu at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

民家壊れ2人軽傷 四国で大雨、床上浸水も

民家壊れ2人軽傷 四国で大雨、床上浸水も―2008.6.29 産経ニュース

活発な梅雨前線の影響により、四国の太平洋側は28日夜から29日朝にかけて大雨となり、徳島県で民家が壊れ2人が軽傷を負ったほか、高知県で床上浸水などの被害が出た。

徳島県警などによると、29日早朝、同県美波町北河内で、山崩れにより民家が壊れ、住人のホームヘルパーの女性(55)と高校生の娘(15)が左足に打撲などの軽傷を負った。家に土砂が流れ込み、女性が一時閉じ込められたという。

また高知県によると、同県安芸市で民家30棟以上が床上浸水したほか、同市と安田町を通る国道55号の一部が土砂流出や冠水で通行止めになるなどの被害が出た。

徳島県阿南市では福井川の水位が上昇。同市は67世帯128人に一時、避難勧告。県内では冠水などで国道や県道の通行止めも相次いだ。

高知、徳島に大雨洪水警報が出され、高松地方気象台は土砂災害や河川のはんらんに注意を呼びかけた。
-------------------------------------------------
しとしとと降り続く梅雨から、激しい豪雨の梅雨に変わったような。
あちこちで災害のニュースが飛び込みます。

posted by suzusuzu at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

中西部洪水で穀物高騰に拍車 米国発の食糧危機に発展か?

中西部洪水で穀物高騰に拍車 米国発の食糧危機に発展か? 2008.6.21 産経ニュース

【ワシントン=渡辺浩生】米中西部を襲った「カトリーナ以来最大規模」となった洪水被害は、国境や海を越えて、世界の食糧供給に深刻な影響を与えそうだ。米国は世界のトウモロコシの37%、大豆の36%を生産する最大の穀物生産国であり輸出国だが、農地が水没したことで、今季の大幅減産は避けられない。バイオ燃料増産などを契機に高騰を続ける穀物価格を一段と押し上げ、途上国の食糧事情を深刻化させる恐れもある。

米国最大の穀倉地帯、中西部を流れるミシシッピ川や支流が豪雨による増水で決壊し、約2万平方キロの農地が水浸しとなり、家畜の豚が小屋の屋根に避難したまま洪水に流されている。

中西部の洪水が深刻化した背景には、「人災の側面もある」(米紙ワシントンポスト)という。北アイオワ大のエンシャン環境センター所長は、食糧増産のため平原や湿地が急激に農地化され、土地が本来持つ排水作用が低下したと指摘、「農業は自然の限界を尊重すべきだ」と話す。

米農務省はイリノイ、アイオワなど中西部6州の農業生産への影響について緊急調査しているが、例えばトウモロコシの18%、大豆の13%を生産するアイオワ州では、「穀物農地の16%が水没した」(アイオワ農業事務所)という。

トウモロコシは今年の生産分の23%がバイオ燃料のエタノール原料に向かう見通しで、需要は過熱。そこに水害による大幅減産の予想が重なり、シカゴ商品取引所のトウモロコシ先物価格は今月約30%も上昇し、1ブッシェル=8ドル前後の高水準。価格上昇に弾みがついた。

飼料コストの高騰で畜産業も大打撃を受けた。食肉や乳製品価格に波及するのは必至だ。関連業界団体から政権に対してバイオ燃料の生産目標の下方修正を求める声も高まっている。

世界銀行の報告書によると、2006年から世界の食糧価格は2倍となり、その60%は今年1月からの上昇分という。

今月ローマで開かれた食糧サミット、大阪でのG8(主要8カ国)財務相会合で、中米ハイチやフィリピンなど途上国での食糧危機対策が協議されたが、米国発の食糧不安の波で世界の食糧計画に狂いが生じれば、来月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)では対策の再検討も迫られよう。

一方、05年のハリケーン「カトリーナ」上陸で対応の遅れを批判されたブッシュ大統領は19日、ヘリコプターでアイオワ州などの被災地を訪問。40億ドルの災害救援基金を被災者の救援や復興に投入する方針を示した。共和党大統領候補のマケイン上院議員も同日、ブッシュ氏とは別行動で視察。民主党候補のオバマ上院議員も今週、イリノイ州で砂袋による河川の堤防強化を手伝った。

中西部の水害による被害は19日現在、死者24人、4万人が避難生活を送り、「経済的損失は30億ドルに上る」(米CNNテレビ)とされている。
----------------------------------------------------
日本も真剣に自給率のUPを推進してほしいものです。
そのうち、さつまいもだけの生活になるかも…。

posted by suzusuzu at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

熊本で土砂崩れ、24歳女性死亡

熊本で土砂崩れ、24歳女性死亡 大雨、交通も混乱続く―2008.6.22 産経ニュース

梅雨前線の影響で激しい雨が続いた熊本県では22日、住宅の裏山が崩れ、生き埋めになった住民の女性が死亡した。人吉市などで約1000世帯の約2500人に避難勧告が出され、九州自動車道が一部通行止めになるなど、交通機関の乱れも続いた。

熊本県警によると、22日午前4時半ごろ、同県多良木町の農業、豊永賢二さん(54)方の裏山が高さ約10メートル、幅約30メートルにわたって崩落した。崩れた土砂で木造平屋の豊永さん方の一部が押しつぶされ、寝室で就寝中だった娘の介護助手、悠里さん(24)が生き埋めになった。救出され病院に運ばれたが、約4時間後に死亡した。

県によると、住民に避難を勧告したのは人吉市と芦北町。ほかに宇土市や宇城市を中心に計約110戸の住宅が浸水した。
---------------------------------------------------
岩手・宮城内陸地震の被災地にも雨が降り始めました。東北地方は19日に梅雨に入ったとのこと。行方不明者がまだ11人もいるそうですが、捜索は撤収されました。自然の前には人は無力です…。

posted by suzusuzu at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。