2008年06月18日

緊急地震速報は役に立ったのか?

【岩手・宮城内陸地震】緊急地震速報は役に立ったのか―2008.6.17 産経ニュース

「高齢者では数秒では何もできない」「速報があることすら知らなかった」−。岩手・宮城内陸地震で、気象庁が発表した緊急地震速報。一般向けとしては3例目だったが、被災者の間で「役に立った」という声は少ない。震源近くで揺れの前に速報を流すことは技術的に困難とされるが、速報の存在自体が周知徹底されていない実態も明らかになり、自治体などは今後、速報を生かすための対応を迫られそうだ。

震度6強を記録した岩手県奥州市では、速報は揺れの4.43秒後で間に合わなかった。車を運転中だった女性会社員(29)は、揺れが収まったころラジオから速報を聞いた。「揺れてから流れてもそれは速報じゃない」。2.45秒後に速報が流れた同県一関市の自営業の男性(64)も「テレビはついていたが、停電して揺れと同時に電源が切れてしまった」と肩をすくめる。

揺れの15.32秒前に速報が流れ、間に合ったはずの仙台市。宮城野区の主婦(36)は「台所にいたら速報が聞こえた。『地震が来る』と思ったら、5秒ぐらいで揺れ始めた」と体感時間はごく短く感じたといい、子供を抱きかかえることすらできなかった。

別の主婦(33)も「掃除中、テレビから速報が聞こえた。初体験だったので『何が起きたんだろう』と思っていたら揺れがきた」と話し、「猶予」を有効に生かし切れていないことがうかがえた。

被災地に近い宮城県沖では高い確率での地震発生が予測されているが、今回、初めて緊急地震速報を知ったという被災者も多い。

揺れの0.30秒前に速報が流れた宮城県栗原市の主婦(76)は「制度を知らなかった。早く知ることができればだいぶ違う」。同市の無職男性(74)も「そういうのがあるのか。だが1秒前じゃ何もできない」と落胆した。

被災した自治体幹部は「速報について自治組織などを通じて周知してきたつもりだった。今後は制度や対応についていかに隅々まで浸透できるかが課題だ」と対策の必要性を語った。
----------------------------------------------------
もしものそのとき、人が何処でどうしているか。人それぞれの運命のような気がします。たったの数秒間で何ができるのか、難しいところですが、最悪、意識するだけでも違うかもしれません…。

posted by suzusuzu at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

死者2人、けが人50人超 岩手、宮城で震度6強

死者2人、けが人50人超 岩手、宮城で震度6強―2008.6.14 産経ニュース

14日午前8時43分ごろ、東北地方で強い地震があり、岩手県の奥州衣川と宮城県栗原一迫で震度6強を記録した。気象庁によると、震源地は岩手県内陸南部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7・0と推定される。その後も震度5弱など余震とみられる揺れが続いた。午前10時半ごろまでに震度1以上の余震41回観測された。

政府は午前8時50分、内閣危機管理監を長とする官邸対策室を設置。泉信也防災担当相を中心とする政府調査団を宮城県栗原市に派遣する。

警察庁などによると、福島県と岩手県一関市で計2人が死亡した。地元消防などによると、50人がけがをした。

福島県で亡くなった人は、いわき市の小浜漁港の磯場で磯釣りをしていた男性。崖からの投石に巻き込まれて海に投げ出され、間もなく死亡が確認された。岩手県一関市で亡くなった人は60代男性で、地震で驚いて自宅から道路に飛び出し、トラックにはねられた。

東北各地で負傷者は相次いでおり、宮城県栗原市消防本部によると、家屋倒壊などで市内で少なくとも6人が負傷。家具の下敷きになった女性が意識不明の重体となっている。

宮城県名取市では、仙台空港に向かうバスが地震でバウンドし、5人が重傷、約20人が軽傷を負った。

岩手県奥州市の消防署によると、同市江刺区の玉里保育所でガラスが割れ、園児7人が負傷した。また、岩手県一関市消防本部によると、同市巌美町の道路で土砂崩れにより車が埋まり、1人が負傷。同市厳美町の民家が倒壊、1人が負傷したとの情報がある。
----------------------------------------------------
強い地震が東北地方で発生しました。
被害状態は徐々に明らかになっていくのでしょうが、胸が痛みます。
続きを読む
posted by suzusuzu at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

無届けで有毒ガス製造 石原産業

無届けで有毒ガス製造 石原産業―2008.5.14 産経ニュース

化学メーカー石原産業(大阪市)の織田健造社長は14日、三重県庁で記者会見し、同社四日市工場(三重県四日市市)で、無届けで農薬原料の有毒ガスを製造していたことや、地下水から環境基準の500倍のヒ素などの有害物質が検出されたことなど新たに発覚した不正9件を発表した。

全社員を対象に行った記名式アンケートなどで判明したという。

調査によると、石原産業は平成17年2月から18年10月まで、有毒ガス「ホスゲン」を「周辺住民の理解が得にくい」などとして無届けのまま、約170トン製造した。

化学兵器禁止法は年間30トン以上生産する場合に設備や製造量などについての届け出を義務付けている。

またヒ素など地下水の汚染は戦前から続く工場敷地内への産廃の投棄が原因とみられ、同社は埋設状況を確認している。また、排水や産廃中の有害物質の数値を過少申告していた。
------------------------------------------------------
船場吉兆がつぶれましたが、あれは食べに行った人が被害に遭ったわけですが、こういう農薬原料の有毒ガスの製造となると、被害が出た場合の規模が違います。

地下水の汚染となると…と考えると怖ろしくなります。もしかして、目に見えないところで被害が拡がっていたら…。そうでないことを祈りますが。

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

緊急防災デラックスセット おまとめ購入

販売価格¥84,000

【商品説明】●難燃持出袋 ●チェックリスト ●軍手 ●ロープ ●アルミシート ●救急ばんそうこう大×4●救急ば…

商品詳細ページへカートページへ
posted by suzusuzu at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

「救出活動は困難極めた」緊急援助隊帰国

「救出活動は困難極めた」緊急援助隊が成田に帰国―2008.5.21 産経ニュース

中国・四川大地震で被災者の救出作業を続けていた日本の国際緊急援助隊約60人が21日午前、日航のチャーター機で成田空港に到着した。隊員らはやや疲れた表情で帰国。豊富な被災地体験と最新の装備を持っていたにもかかわらず、情報不足や移動時間の長さで「救出活動は非常に困難を極めた」などと振り返った。

成田空港内で行われた解団式では、外務省アジア大洋州局の小原雅博参事官が高村正彦外相のメッセージを代読。「隊員の皆さんにはもっと救助活動ができたという複雑な思いもあるだろう」とねぎらう一方、日本大使館に中国人から寄せられた感謝のメールを披露した。

解団式後に会見した同援助隊の小泉崇団長は、情報不足や移動時間の長さで「救出活動は非常に困難を極めた」と説明。「臨機応変に集中して任務に当たったが、大きなジレンマがあった」と振り返った。

ある隊員は「中国は外国の援助隊の受け入れが初めてだったので仕方ないが、どの国にどの現場を任せるかという選択の部分で問題があった。無駄な移動を強いられた」と残念そうに話した。また、警視庁から派遣されたある男性隊員も「生存者を助け出せなかったことに悔いが残る。もっと早く派遣されていれば…」と話した。

同空港到着ロビーには、中国人留学生ら約20人が詰めかけ、「中国の人々は日本に感謝します」などと書かれたプラカードを掲げて隊員らを出迎えた。都内の会社員、何堅さん(42)は「とにかく感謝の気持ちを表したかった」と話していた。

同援助隊は第1陣が16日未明に現地入りし、青川県と北川県の2カ所で救出活動を行った。夜を徹した作業で数十体の遺体を発見したが、生存者の救出には至らず、新たに派遣された医療チームと入れ替わりで帰国した。
------------------------------------------------------
本当に心からご苦労様でしたと言いたいです。新たに派遣された医療チームにも大変でしょうが頑張ってほしいですね。

posted by suzusuzu at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

中国の大地震による被害が拡大…

生き埋め1万人超 家屋倒壊は50万戸以上―2008.5.13 産経ニュース

【北京=福島香織、川越一】中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州●(=さんずいに文)川(ぶんせん)県を震源とする大地震で、中国民政省は13日午前7時(日本時間同8時)現在、死者は四川省など8省市で9219人に達したと発表した。倒壊家屋は50万戸以上という。四川省では、新たに綿竹市で少なくとも1万人以上が生き埋めになっていることが確認されるなど、夜明けとともに被害状況が徐々に明らかになってきている。

死者の内訳は四川省8993人、甘粛省132人、重慶市8人、陝西省85人、雲南省1人。CCTVによると、●(=さんずいに文)川県への交通は寸断され陸の孤島となっている。12日夕、偵察に向かった軍用ヘリコプターも悪天候に阻まれて引き返しており、救援隊は徒歩で現地に向かっている。中国国営新華社通信は、●(=さんずいに文)川県では建物の3分の1が倒壊していると伝えた。

新華社通信は、多数の死者が出ている四川省綿陽市北川県でも山腹の中学校で校舎が倒壊し1000人以上の生徒、教師が生き埋めになっていると報じた。

同自治州茂県では旅行客を乗せたバスが山崩れに巻き込まれて37人が死亡。州境では現在も英国人15人を含む約2000人の旅行客が足止めされている。陝西省宝鶏市から成都に向かう貨物列車が甘粛省徽県で地震のために脱線、貨物のガソリンに引火して火災が発生している。

被災地では人民解放軍2万人が展開し、武装警察が救援活動を行っている。さらに3万4000人の軍人が軍用機や列車で被災地に向かっている。13日午前8時(同9時)現在、マグニチュード(M)6級の余震が2回、M5級の余震が16回観測されている。降り続く雨で救出作業も難航しているもようだ。

新華社通信によると、成都パンダ繁殖基地の60頭のパンダの無事が確認された。しかし、四川省臥竜及と雅安にあるパンダ保護研究センターのパンダの安否は判明していない。

一方、上海、深●(=土へんに川)で上場している四川省、重慶市の66企業が13日から、取引を停止している。
-------------------------------------------------------
大変な大地震のようですね。ミャンマーのサイクロンといい、大きな天災が立て続けに起こることに、恐怖を感じます。

posted by suzusuzu at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

火元にポイ!ボトル式の消火用具開発

火元にポイ! ヱビス科学研究所がボトル式の消火用具開発―2008.4.28 産経ニュース

ヱビス科学研究所(東京都江戸川区)が開発したボトル式の消火用具「消火弾」が、使い勝手の良い防災用具として注目を集めている。

火元めがけてボトルを投げると容器が破裂し、化学反応で火を消す仕組み。子供から高齢者まで簡単に扱えるため、従来の消火器と併用する家庭も増えているという。

ボトルは800cc入りで、割れやすい特殊なプラスチックでできている。同社によると、茨城県つくば工場で行った実験で、戸建て住宅の4畳半から6畳の部屋に相当する初期消火を、小学校2年生の女子児童が消火弾1本で成功させた。

中身の消火剤は無害で、バスタオルなどの布にくるんで踏みつぶすと、火災時に避難用の布として使える。また、消火剤は100倍に薄めると肥料になるという。

諏訪米子社長は「香川県の老人ホームや東京・神田の戸建て住宅の火災など、多くのケースで消火弾が役だった実績がある。

昔の『隣組』のように、各家庭が消火弾を持って駆けつけるようになれば、消防車が来る前に被害を最小限に食い止めることが可能」と話している。
-----------------------------------------------------------
今までの消火器は取り扱いが難しそうで、いざというときちゃんと使えるものか心配ですよね。特に、お年寄りだけの家では不安です。
これはなかなかの優れものだと思います!

posted by suzusuzu at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

除草剤のペットボトル混入は購入後??

除草剤のペットボトル混入は購入後か―2008年4月9日 日刊スポーツ

兵庫県加東市の女性(54)が飲んだペットボトル入りの「爽健美茶」(500ミリリットル)に除草剤成分が混入していた事件で、お茶は加東市内の大型スーパー「ジャスコ社(やしろ)店」1階のレジ横に置かれていたことが9日、社署の調べで分かった。

レジ周辺は店内で最も人目に付きやすい場所で、社署は除草剤が混入されたのは「購入後」の可能性が強まったとみて捜査している。

また女性が所持していたレシートから、購入日が4日と判明。社署は同店の1階と2階に設置されている約百台の防犯カメラ映像の提供を受け4日前後を中心に映像で確認しているが、現時点では不審人物は浮かんでいないという。

女性は6日午後3時ごろ、散歩中にお茶を飲んで気分が悪くなり、病院に搬送された。飲み残しから除草剤成分「グリホサート」が検出され、兵庫県が8日、スーパーなどを立ち入り検査した。

商品は納入から陳列まで段ボールを開封せずに保管されており、兵庫県は「製造から陳列までの過程での混入は考えにくい」としている。
------------------------------------------------------
愉快犯の犯罪なんでしょうか? 全く、何が愉快なのか理解できませんね。

中国の毒入りギョーザ事件以来、表示をよく見るために買い物に時間が掛かってしようがありませんが、更に包装やキャップがあまくないか確認する必要まで生じました!



posted by suzusuzu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

鹿児島で突風被害 竜巻注意情報は間に合わず

52棟が一部損壊 竜巻注意情報は間に合わず―2008年3月28日 中日新聞

全国初の「竜巻注意情報」が出た当日に発生した突風で、民家など52棟が一部損壊する被害が出た鹿児島県いちき串木野市と垂水市では28日、突風が竜巻だったのか見極めるため、鹿児島地方気象台の職員が被害状況の調査を開始。被害を受けた市民らはがれきの後片付けなど作業に追われた。

鹿児島地方気象台は27日午後5時59分に最初の竜巻注意情報を出したが、いちき串木野市内で午後5時ごろに突風被害が発生しており、間に合わなかった。同気象台では、同日午前と午後の2度にわたり鹿児島県内に落雷やひょうに関する気象情報を発表し、竜巻など激しい突風への注意も呼びかけたため「対応に問題はなかった」としている。

鹿児島県によると、いちき串木野、垂水両市で合わせて民家52棟が一部損壊するなどしたが、けが人はいなかった。
---------------------------------------------------
アメリカでは避難シェルターが売れているそうですが、日本でも必要になってくるんでしょうか??
住宅の耐震化もなかなかの状態。安全を手に入れるにはお金もかかります。
しかし、竜巻注意情報が出ても、どうしたらいいか分からない…。

posted by suzusuzu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

高層住宅の防災対策 その時の取るべき行動は

備える:その時どうする/6-2 「空中」意識、1週間分の備蓄を―2008年1月23日 毎日新聞

高層マンションの建設ラッシュで、集合住宅に住む人が人口の8割に達した東京都中央区は、高層住宅の防災対策を進めている。

被災生活をイメージしやすいよう、パンフレット「揺れる高層住宅!その時あなたは…」を作製し、地震の1時間後から4日目の生活を想定し、取るべき行動を示している。

パンフレットを映像化したDVDの貸し出しを始めたところ、管理組合などから希望が相次いでいる。

同区防災課は「建物は地震に耐えたのに生活が続けられないという事態になっては残念。ライフラインが途絶え、エレベーターが停止する事態で住民が協力してどう生活を続けられるか考えてほしい」と話す。【鈴木梢】
--------------------------------------------------------
シンド○○社のエレベーターの事件以来、私は階段を使用するようにしています。毎日の生活がエレベーターで上り下りというのも大変ですね。何事もない日々の生活に感謝!

posted by suzusuzu at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

その時どうする!高層マンションの30階にある自宅。地震で…

備える:その時どうする/6-1 「空中」意識、1週間分の備蓄を―2008年1月23日 毎日新聞 

◇想定6 高層マンションの30階にある自宅。建物は無事だったが、地震でライフラインやエレベーターが使えなくなったら

建物に被害がなかった場合でも、停電によってエレベーターは止まると想定される。多くは最寄り階に自動停止する装置があるが、地震時に正常に機能するとは限らない。

最も懸念されるのは、中に閉じ込められることだ。エレベーター被害が多発すれば、緊急通報ボタンを押しても、保守会社がすぐに駆けつけられない懸念もある。体力を消耗しないよう、座って待つのが好ましい。

「高さ」は避難生活の妨げになる。支援物資を受け取るため、何度も30階まで上り下りするのは体力的にかなり難しい。

防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんは「一般的に家庭での備蓄の目安は3日分とされるが、大都市ではライフラインの復旧が遅れると考えられ、高層マンションでは1週間分は必要だ」と指摘する。

備蓄は日用品を活用するのが長続きのコツ。「水洗トイレのタンクの水を沸騰させて使うため、カセットコンロを備えておく」「ネコのトイレ砂を、非常用トイレの吸水や消臭に役立てる」など、アイデア次第だという。

渡辺さんは「購入時は眺望や利便性に気を取られがちだが、『空中』に住むことを意識し、防災対策も考えてほしい」と訴える。(つづく)
-----------------------------------------------------
私は一戸建ての平屋に住んでいるので、高層のマンションなどは怖くてとても住めません。備蓄といっても、普段何もないときは、どうしても疎かにしがちなもの。備えあれば憂いなしの心構えでいたいですね。


posted by suzusuzu at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。